Go to contents directly
Home > 農心の紹介 > 社会贡献 > 社会貢献団

社会貢献団

小さな木が集まって林になるように、農心は小さな愛の実践を通してともに暮らしていく世の中、幸せな明日を作っていきます。

農心社会貢献団

“隣人と寄りそい、私にあるものを快く分かち合うことで、共に幸せを追及する” これは農心の3大精神である‘開物成務’、農心哲学’、 ‘道延精神’ の中で “農心哲学”に従う農心の理念です。 農心はお客様と共に、健康と幸せを追及するグローバル食品企業として、2007年3月に社会貢献団を発足、本格的な社会貢献を進めています。

  • 어린이날행사
  • 어린이날행사
  • 어린이날행사

農心社会貢献団の哲学とシステム

社会貢献の哲学は、環境に優しい経済活動と積極的な社会的責任を実行し、持続可能な経営を実現して、地域社会の発展に寄与することを目的としています。これにより、農心独自のボランティア活動、食品企業の特殊性を反映した社会貢献活動の(代表)プログラム、地域社会のニーズを満たす社会貢献活動に方向を設定し‘地域社会と共に長寿企業’を追求しています。 “愛を分かち合うことで、隣人と共に幸せを追求する”をスローガンに農心社会貢献団は、運営委員会と事業所ごとに本社、安養、安城、牙山、亀尾、釜山、菉山工場の社会貢献団が構成されています。各事業所ごとに年間の活動計画を樹立し、地域内の不遇な施設や団体に製品寄付及び様々なボランティア活動に取り組んでよりよい地域社会づくりに貢献しています。

社会ボランティア活動

어린이날행사

農村ボランティア活動

  • 事業場と連携し、ジャガイモの栽培契約農家の作業の手伝い
어린이날행사

子供の日農心スナック菓子公園の構成

  • 子供の日に、新大方洞にある本社の庭園をスナック菓子公園に作り、子供たちに色々な遊びとプレゼントを贈呈、その他家族と一緒に体験プログラム実施
어린이날행사

製品寄付及び努力、ボランティア活動の展開

  • 部署別にソウル老人福祉センターの定期無料昼食ボランティア活動
  • 児童他障害者の福祉施設に製品後援及び食事提供
어린이날행사

奨学事業及び寄付活動

  • 全国の中・高校及び大学・大学院生を対象に、優秀な学生を選抜、奨学金の支給
  • 韓国食糧安保研究財団、東アジア研究院など、食品産業全般の学術研究を後援
Sitemap 레이어팝업 닫기