Go to contents directly
Home > 農心の紹介 > プロファイル > CI

CI

農心の象徴―農心Seed(農心本)
その中には植えたまま収穫するという信念がこめてります。

農心シード

The symbolic mark of Nongshim

と呼ばれています。その中には[まいただけ刈り取る] [努力に値する収穫]という信念が込められています。シードは種、実、種子という意味で、芽生えさせ実らせる生命の根元です。

Nongshim Seed Download

意味論

農心のマークは種を抽象化した形で、これは主に農産物の加工を生業とする農心本来の哲学を表したものです。すなわち一粒の種が秘めた生命を真心と誠意をもって育てることにより実を結ぶ過程をイメージ化し、当社のこだわりと信念を刻みこみました。

色彩論

鮮やかな赤は豊かな大自然の恵みを象徴し、心のこもった製品を生産している企業をイメージしました。また、大地のぬくもりが感じられるオレンジ色をセカンドカラーにすることにより大地の持つ限りない可能性と抱擁力を表現しました。

Criteria for Symbol Size

空間規定

最小の大きさ:コーポレートマークの視認性を確保するために原則的に最小サイズを4mm(11Pixels)で規定します。 余白:シンボルマークがシグネチャ-ではなく単独で使用される場合、シンボル直径を基準にして1/4の大きさ程の余白を置きます。

Chromatic Implications

形態論

内外にある二つの楕円は時代の変化に適切に対応するフレキシブルな企業をイメージしました。外側の楕円は豊かでゆったりとした大自然を、内側の楕円は種をさらに具現化しそれぞれ成長と発展を象徴しています。二つの楕円の見事な調和は農心を構成する企業と社員の一体感、農心とお客様との親密さ、純粋な気持ちと感謝の意を表しています。また、内に秘められたパワーが外に向かって表出されている構図は、世界超一流企業を目指す農心の未来志向的な信念と強い意志をイメージ化しました。

Brand Signature

  • 농심
  • 農心
  • NONGSHIM
  • 농심
  • 農心
  • NONGSHIM
Sitemap 레이어팝업 닫기